四国第八番霊場 普明山 熊谷寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第八番霊場 普明山 熊谷寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第八番霊場 普明山 熊谷寺

四国第八番霊場 普明山 熊谷寺について

住所:徳島県阿波市土成町土成前田185
周辺地図を見る
電話:088-695-2065
アクセス:JR徳島線鴨島駅下車。市場行きバス9分、北二条前下車。徒歩1時間
次の札所まで:徒歩45分 車10分 距離約2.7km
宿坊:無

弘仁6年(815年)に、弘法大師が開基。弘法大師が修行中、熊野権現が現れて一寸八分の金の観世音菩薩像を授けて去りました。大師は等身大の千手観音像を刻み、頭髪の中へ百二十粒の仏舎利を、胎内に熊野権現から授かった金の観世音菩薩像を納めて安置し、堂宇を建立して第八番札所として定められました。
昭和2年(1927年)に火災で本尊と本堂を焼失、現在の本尊と本堂は昭和46年(1971年)に再建されたものです。

貞享4年(1687年)に、中興開山の長意上人が建立した山門には、左右に仁王像が立っています。和式と唐式を折衷した建築で、四国霊場で最も大きく、県の重要文化財に指定されている四国一の門です。
現存する大看板「普明山」の額は、安政大修理の際に寄付されたもので、裏には「萬延元年、七月 二十日 再興願主 矢部惣左ェ門」と墨書の銘が記されています。
言い伝えでは、この二体の仁王像を十楽寺へ移すことになり、村人が一日がかりで運びましたが、夜が明けると仁王像は 元の熊谷寺の山門に戻っていました。何度運んでみても仁王像は戻っていて、結局十楽寺に運ぶのをあきらめたとの事です。
その二体の仁王像は現在も山門にいます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。