四国第七十八番霊場 仏光山 郷照寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第七十八番霊場 仏光山 郷照寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第七十八番霊場 仏光山 郷照寺

四国第七十八番霊場 仏光山 郷照寺について

住所:香川県綾歌郡宇多津町1435
周辺地図を見る
電話:0877-49-0710
アクセス:JR予讃線宇多津駅下車。徒歩20分
次の札所まで:徒歩2時間 車15分 距離約7km
宿坊:無

神亀2年(725年)、行基菩薩が阿弥陀如来を刻んで本尊とし仏光山・道場寺と号し開基されました。大同2年(807年)、唐から帰国した弘法大師がこの地を訪れて、阿弥陀如来像と大師像を刻み安置し、郷照寺と改め、第七十八番札所として定められました。仁治4年(1243年)、高野山の道範阿闍梨が讃岐に流されたときに、この寺に仮住まいしています。正応元年(1288年)、一遍上人がこの地を訪れて踊り念仏の道場となりました。

庭園の築山にある、樹齢400年といわれるホルト(モガシ)の木。文禄3年(1594年)、本島の信者が中国から苗木を持ち帰ったものといわれています。樹高26m、幹周り約4mという大きさは日本でも有数で、県指定自然保存物とされています。

民間信仰である「庚申信仰」を伝えています。本尊は六本の手を持つ青面金剛。庚申信仰は、人間の体の中にいる「三戸」という霊物が庚申の夜、寝ている間に体から抜け出し、天に登って天帝にその人の罪を告げるといわれています。
そのため庚申の夜は眠らないように、信者が庚申堂に集まり語り明かす風習があったそうです。

大師堂手前の地下に万体観音洞がありますが、ここには金色の観音像が数万体並んでいます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。