四国第七十四番霊場 医王山 甲山寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第七十四番霊場 医王山 甲山寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第七十四番霊場 医王山 甲山寺

四国第七十四番霊場 医王山 甲山寺について

住所:香川県善通寺市弘田町1765-1
周辺地図を見る
電話:0877-63-0074
アクセス:JR予讃線善通寺駅下車。観音寺行きバス8分朝比奈グランド前下車。徒歩10分
次の札所まで:徒歩25分 車5分 距離約2km
宿坊:無

弘法大師が善通寺と曼荼羅寺の間に伽藍を建立しようと霊地を探していたとき、甲山の麓で一人の翁に会い「この地に堂宇を建立せよ」とお告げがありました。そこで大師は毘沙門天像を刻み、岩窟に安置しました。弘仁12年(821年)、嵯峨天皇から満濃池の修築を下命され、大師は工事完成祈願の秘法を納め薬師如来を刻んで安置しました。その後、3ヶ月で改築し、下賜金で堂塔を建立して、医王山・甲山寺と号して、第七十四番札所として定められました。

子宝に恵まれない女性が地蔵の前掛けを持って帰ったところ、願いが叶い子供を授かったそうです。そのお礼に、新しい前掛けを地蔵に供えました。それ以来、子宝に恵まれるお地蔵様として信仰されるようになりました。今でも子宝を願う女性が前掛けを持って帰り、願いが叶うと新しい前掛けをお供えする習慣が続いています。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。