四国第四十八番霊場 清瀧山 西林寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第四十八番霊場 清瀧山 西林寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第四十八番霊場 清瀧山 西林寺

四国第四十八番霊場 清瀧山 西林寺について

住所:愛媛県松山市高井町1007
周辺地図を見る
電話:089-975-0319
アクセス:伊予鉄道久米駅下車。田窪行きバス12分 高井局下車。徒歩10分
次の札所まで:徒歩45分 車10分 距離約3km
宿坊:無

天平13年(741年)聖武天皇の勅願により行基菩薩がこの地を訪れ、伊予の国司である越智宿称玉純と共に本尊十一面観世音菩薩像を刻み堂宇を建立しました。大同2年(807年)弘法大師がこの地を訪れ、国司である越智宿称実勝と共に現在地に寺を移して第四十八番札所として定められました。
寛永年間(1624年~1644年)には、火災で堂宇を焼失。元禄13年(1700年)に、松平隠岐守をはじめとする代官や奉行らによって一部が再建。さらに宝永4年(1707年)に西林寺中興の祖である覚栄法印によって本堂と鐘楼が再建され、文化10年(1813年)には大師堂が、天保14年(1843年)には仁王門が再建されました。この寺は、川の土手よりも低い場所に位置することから、罪深い人が境内に入った場合、地獄に落ちるといわれていて、伊予の関所寺とも呼ばれています。

弘法大師が巡錫していた時、この地はひどい日照りに見舞われて水が不足していたそうです。そこで大師は彼らを救おうと、大師は錫杖で水脈を探り当て、周辺の田畑を潤したといわれています。寺の西南にある杖の淵公園は、その時に大師が見つけた水脈の一つといわれていて、現在も美しい水が湧き出していて、市民の憩いの場として親しまれています。日本の名水百選にもなっている杖の淵の湧き水は飲むこともでき、 名水が流れる小川には刺身のツマに使われるテイレギが自生しています。

境内には木々に囲まれた風情満点の池の上に鎮座されている「一願地蔵」。このお地蔵様に祈願すると、1つだけ願いを叶えてくれるといわれています。

閻魔堂前には、「孝行竹」または「親子竹」とも呼ばれる竹が生えています。生え広がらず寄り添うように生えるのが名前の由来となっています。家庭円満の願いを叶えてくれるといわれています。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。