四国第四十番霊場 平城山 観自在寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第四十番霊場 平城山 観自在寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第四十番霊場 平城山 観自在寺

四国第四十番霊場 平城山 観自在寺について

住所:愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
周辺地図を見る
電話:0895-72-0416
アクセス:JR予讃線宇和島駅下車。宿毛行きバス 1時間10分平城札所下車。徒歩3分
次の札所まで:徒歩13時間 車1時間30分 距離約48km
宿坊:有

大同2年(807年)に桓武天皇の死後、平城天皇の勅願寺として弘法大師が一本の霊木から本尊薬師如来、脇士阿弥陀如来、十一面観音像を刻んで安置し開基されました。平城天皇が一切経、大般若経を納められた時、「平城山」の額が送られ山号になりました。そして第四十番札所として定められました。
四国霊場の第一番札所霊山寺から一番遠い寺なので、「四国霊場の裏関所」と呼ばれています。昔は、七堂伽藍、四十坊の末寺を有していましたが、火災で消失、延宝6年(1678年)に再建されました。その後、昭和34年(1959年)に不慮の火災により全焼、昭和39年(1964年)に大師創建当時の姿に復旧されました。

昭和53年に四国霊場巡拝者の希望によって十二支守り本尊が彫刻された「八体仏十二支守り本尊」があります。参拝者はお水をかけて、自分の願いを成就させます。
「福がかえる」「病気が引きかえる」などと願いながらなでる「栄かえる」というカエルの石像もあります。

回廊には四国八十八カ所の砂が敷き詰められていて、四国八十八ヶ所のお砂巡りをすることができます。

かつてこの寺には、平城天皇手植えの松といわれる古木がありました。ですが、昭和19年(1944年)に台風で倒れたので、現在はその切り株の中に昭和天皇の手植えを頂き、昔の面影を今に伝えています。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。