四国第三十二番霊場 八葉山 禅師峰寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第三十二番霊場 八葉山 禅師峰寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第三十二番霊場 八葉山 禅師峰寺

四国第三十二番霊場 八葉山 禅師峰寺について

住所:高知県南国市十市3084
周辺地図を見る
電話:088-865-8430
アクセス:JR高知駅下車。はりまや橋から十市・後免 行きバス40分峰寺通下車。徒歩15分
次の札所まで:徒歩2時間30分 車30分 距離約10km
宿坊:無

神亀年間(724年~729年)に、聖武天皇の勅願により行基が開基したといわれています。大同2年(807年)弘法大師がこの地を訪れて、海上安全を願い十一面観音像を刻んで本尊として安置し、印度の補陀洛山に似て、八葉の蓮台に似ているところから八葉山と号し、求聞持の法を修したことから求聞持院と号しました。そして行基が開いた峰の寺の意味で禅師峰寺とし、第三十二番札所として定められました。
江戸時代の土佐藩主山内一豊を始め、歴代土佐藩主は出帆する時には、必ずこの寺を御参りしたそうです。

境内の一角からは土佐湾を一望でき、天気の良い日は室戸岬や足摺岬まで見えます。
また東に手結岬、西も桂浜も見ることができ、その間は白砂青松の海岸線が曲線を描いています。日の出と夕焼けは特に景観が美しく、日没後には宵の明星も見ることができます。

禅師蜂寺には奇岩奇石が数多くあります。そのうちの一つとして、鐘楼の右後ろにある「潮の干満岩」は岩のくぼみに溜まった水が潮の干満によって水位が変わります。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。