四国第二十六番霊場 龍頭山 金剛頂寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第二十六番霊場 龍頭山 金剛頂寺のページです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第二十六番霊場 龍頭山 金剛頂寺

四国第二十六番霊場 龍頭山 金剛頂寺について

住所:高知県室戸市元乙523
周辺地図を見る
電話:0887-23-0026
アクセス:JR高知駅下車。室戸行きバス 2時間5分元橋下車。徒歩45分
次の札所まで:徒歩9時間 車1時間 距離約33km
宿坊:有

大同2年(807年)に、嵯峨天皇の勅願により、求聞持法(超記憶法)を修めた室戸岬に訪れた弘法大師が薬師如来を刻んで開基しました。お堂が完成したとき薬師如来が自ら本堂の扉を開けて中に入り鎮座したと伝えられています。
当時は女人禁制の霊地でした。
室町時代の文明11年(1479年)火災で堂宇を焼失、文明18年(1486年)に再建されました。その後、明治32年(1899年)再び火災に遭って大師堂を除いて焼失しました。現在の堂宇はその後再建されたものです。
本尊の薬師如来は秘仏とされていますが、毎年12月31日から翌年の1月8日までは御開帳されています。

霊宝殿という寺の宝物殿には朝鮮高麗時代の鐘、平安末期の阿弥陀如来座像、白鳳時代の観音菩薩像、鎌倉時代の真言八祖像、経典、密教法具などの国の重要文化財、その他数多くの文化財が収蔵されています。

大師堂の横に、弘法大師が三合三勺(1勺は18.03900ml)の米を入れて炊いたら万倍に増えたという伝説がある、「一粒万倍の釜」があります。

弘法大師がこの地で修行していた頃、沢山の天狗がいたそうです。
人々に害を与えていたため、大師は法力をもって足摺岬に追い払ったという伝説が残されています。これが「天狗問答」です。
この天狗は、「この地に漂着した外国人なのではないか」という説もあります。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。