四国第八十二番霊場 青峰山 根香寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第八十二番霊場 青峰山 根香寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第八十二番霊場 青峰山 根香寺

四国第八十二番霊場 青峰山 根香寺について

住所:香川県高松市中山町1506
周辺地図を見る
電話:087-881-3329
アクセス:JR高松駅下車。王越方面行きバス25分根香口下車。徒歩1時間
次の札所まで:徒歩4時間 車40分 距離約15km
宿坊:無

弘仁年間(810年~824年)、この地を訪れた弘法大師は五色台のひとつ青峰山に五大明王を祀って、華蔵院と名付けました。その後、天長9年(832年)、智証大師がこの地を訪れ千手観音像を香木で刻み千手院を創建しました。この香木の根が香り高く両院を総称して根香寺と名付けられました。
その後、後白河天皇の勅願寺となり栄えましたが、その後の兵火に遭い焼失衰退し、慶長年間(1596年~1615年)、藩主生駒公及び寛文4年(1664年)、藩主松平公により再興されました。

天正の頃、この山に牛鬼という怪獣が現れて、村人を困らせていました。困った人々は弓の名手・山田蔵人高清に退治を頼んで、高清は当寺の千手観音に願をかけ、みごと牛鬼を射止めたそうです。この寺にはその時描かれたといわれる牛鬼の絵や牛鬼の角といわれるものが残っています。

五大明王堂には弘法大師の開基にちなむ五大尊木像が安置してあります。五大尊とは降三世夜叉明王・軍荼梨夜叉明王・大威徳夜叉明王・金剛夜叉明王・大日大聖不動明王の五尊。中央の不動明王像は南北朝時代の作、他の四明王は鎌倉時代の作といわれ、いずれも重要文化財とされています。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。