四国第五十三番霊場 須賀山 円明寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第五十三番霊場 須賀山 円明寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第五十三番霊場 須賀山 円明寺

四国第五十三番霊場 須賀山 円明寺について

住所:愛媛県松山市和気町1-182
周辺地図を見る
電話:089-978-1129
アクセス:JR予讃線伊予和気駅下車。徒歩5分
次の札所まで:徒歩10時間 車1時間 距離約38km
宿坊:無

天平勝宝元年(749年)聖武天皇の勅願により行基菩薩が阿弥陀如来を刻み和気西山の海岸に建立、海岸山・円明密寺と名付けました。後に、弘法大師がこの地を訪れ堂宇を修復して、第五十三番札所として定められました。
その後、鎌倉時代に度重なる兵火によって焼失。この場所にきたのは元和元年(1615年)。須賀重久が伽藍を再興。
また、円明寺には日本最古の銅製の納め札が残されています。「四国仲遍路同行二人 今月今日平人家次」と書かれていて、慶安3年(1650年)のものといわれています。納め札を発見したのは、大正時代に四国遍路の旅をしていたアメリカ人のスタール教授です。

山門を入って左側の奥に、寛永年間(1624年~1644年)に建立されたといわれる、マリア像が祀られています。高さ40cmほどで、キリシタンが禁制の江戸時代に、隠れキリシタンが信仰していたそうです。この寺は、隠れキリシタンの礼拝を黙認していたようです。

本堂の外に、びんずる尊師が祀られています。お酒が大好きな尊師はお釈迦様の教えで「お酒をやめる」と約束をしましたが、尊師はそれを破ってしまったので、本堂に入れてもらえません。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。