四国第五十一番霊場 熊野山 石手寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第五十一番霊場 熊野山 石手寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第五十一番霊場 熊野山 石手寺

四国第五十一番霊場 熊野山 石手寺について

住所:愛媛県松山市石手2-9-21
周辺地図を見る
電話:089-977-0870
アクセス:伊予鉄道松山市駅下車。奥道後行きバス 25分久万中学校下車。徒歩1分
次の札所まで:徒歩2時間30分 車30分 距離約12km
宿坊:有(歩き遍路のみ)

神亀5年(728年)聖武天皇の勅願によって伊予の大守越智玉澄が安養寺と名付けて開創、翌年、行基菩薩が薬師如来を刻み本尊としました。当初は法相宗でした。
 弘仁4年(813年)弘法大師がこの地を訪れ、真言宗に改め、第五十一番札所として定められました。その後、寛平4年(892年)、城主河野家に世継ぎが誕生しましたが左手が開かず、安養寺の住職に祈祷を頼み左手が開いたとき、手から「衛門三郎再来」と書かれた小石が転がり落ちたため、石手寺と改号されたと伝えられています。
永禄9年(1566年)に、十二間四面の金堂など多くの建物を焼失しましたが、幸い本堂や仁王門、三重塔などは難を免れました。

宝物館では、遍路の元祖といわれる衛門三郎ゆかりの小石をはじめ、寺の開基以来の歴史を物語る貴重な品々1100以上の寺宝の中から常時約100点を展示しています。

大師堂の右側にある国の重要文化財に指定されている「訶梨帝母天堂」。鎌倉末期の建立で、子どもを守る鬼子母神が祀られていて、安産祈願の信仰を集めています。妊婦はお堂にある石を持ち帰って、無事に出産を終えたら、石を二つにして返します。そのため、お堂の前には小石が高く積まれています。

石手寺の七不思議の一つである「渡らずの橋」が山門前にあります。この橋は大師が作ったもので、歩くと足が腐るといわれています。
最近の話ですが、「渡らずの橋」の下をくぐった人がいたそうですが、亡くなられたそうです。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。