四国第四十七番霊場 熊野山 八坂寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第四十七番霊場 熊野山 八坂寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第四十七番霊場 熊野山 八坂寺

四国第四十七番霊場 熊野山 八坂寺について

住所:愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773
周辺地図を見る
電話:089-963-0271
アクセス:伊予鉄道松山市駅下車。久谷行きバス 45分八坂寺下車。徒歩10分
次の札所まで:徒歩50分 車10分 距離約5km
宿坊:無

文武天皇の勅願により大宝元年(701年)伊予国司越智玉興が創建、役の行者小角が開基されたといわれています。創建にあたって八つの坂を切り開いたため八坂寺と号されています。
本尊阿弥陀如来像は比叡山の恵心僧都の作といわれる三尺の寄木造。鎌倉時代の傑作ですが、秘仏とされていて50年に一度しか拝観できません。脇士毘沙門天共に重要文化財となっています。
弘仁6年(815年)弘法大師がこの地を訪れ、堂宇を修復し、第四十七番札所として定められました。

ここは四国遍路の元祖といわれる衛門三郎縁の寺です。弘法大師に冷たい仕打ちをし、8人の子どもを次々と失ってしまって反省した衛門三郎は大師を追いかけて霊場を巡りました。これが四国遍路の元祖ともいわれています。
文殊院得盛寺の近くの田んぼの中に、衝門三郎の八人の子の基といわれている八塚があります。

本堂と大師堂の間にある閻魔堂には、左右に「極楽の途」と「地獄の途」の二つがあります。それぞれ短いトンネルになっていて、極楽には美しい浄土が、地獄には閻魔大王が座り、餓鬼道、修羅道、畜生道などが不気味に描かれています。

本堂の左右にある地下入口に入ると、黄金色に輝く万体阿弥陀仏が安置されています。奉納した信者の出身地ごとに並んでいて、その数は増え階段まで溢れています。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。