四国第四番霊場 黒巌山 大日寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第四番霊場 黒巌山 大日寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第四番霊場 黒巌山 大日寺

四国第四番霊場 黒巌山 大日寺について

住所:徳島県板野郡板野町黒谷居内5
周辺地図を見る
電話:088-672-1225
アクセス:JR高徳線板東駅下車。タクシー15分、又は鍛冶屋原行きバス6分羅漢下車。徒歩50分。
次の札所まで:徒歩30分 車10分 距離2km
宿坊:無

弘法大師が一寸八分の大日如来を彫刻し本尊として、寺号を大日寺として四国霊場第四番札所として定められました。本尊は秘仏とされていて拝観は出来ません。
その後、幾度か廃寺となって、天和・貞享年間(1681年~1688年)に再建された後は、大日如来が守り本尊である阿波藩主蜂須賀家に帰依され、元禄年間(1688年~1704年)には改修が行われました。

本堂から右手の大師堂をつないでいる回廊には、西国三十三所の木造観音像が安置されています。
江戸時代の明和年間(1764年~1772年)に、大阪の信者が奉納したものといわれております。現在はガラス張りで安置され、姿を見ることができます。

蛤水(はまぐりみず)と呼ばれる飲むと胃腸に良いと評判の白く濁った水が湧き出ていましたが、近年、水の出が悪くなったのでポンプで吸い上げるようにしたところ、水は透明となってしまい胃腸に効くという評判も薄れましたが、現在でも水を手に受けて飲む人が後を絶ちません。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。