四国第二十九番霊場 摩尼山 国分寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第二十九番霊場 摩尼山 国分寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第二十九番霊場 摩尼山 国分寺

四国第二十九番霊場 摩尼山 国分寺について

住所:高知県南国市国分546
周辺地図を見る
電話:088-862-0055
アクセス:JR土讃線後免駅下車。領石行きバス 15分国分寺通下車。徒歩10分
次の札所まで:徒歩2時間 車30分 距離約10km
宿坊:無

「諸国で最も良い土地を選んで建てよ」という聖武天皇の勅願により、行基が天平13年(741年)に建立した寺。
天皇自らが金光明最勝王経を書写して納め、天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願う祈願所としました。本尊千手観音像、脇士不動明王、毘沙門天、共に行基菩薩の作といわれています。
弘法大師42歳の時この地を訪れ「星祭の秘法」を修め、第二十九番札所として定められました。
天正年間(1573年~1592年)に堂宇を焼失、明治42年(1909年)にも火災に遭っています。
昭和52年から行われた境内の発掘調査により弥生時代の住居跡が発見され、ここが土佐文化発生の礎となった土地であることも判明しました。

寺宝として、約1mの木造薬師如来立像は平安後期の檜の一本造り、もう1つの約35cmの木造薬師如来立像は鎌倉時代の寄木造りで、いずれも重要文化財とされています。

大師堂の左側に、「ひとこと地蔵」が祀られています。一つだけ願いを叶えてくれるといわれていて、ある女性が夫のお酒を止めさせて欲しいと願い、禁酒が成功したことから、「酒断ち地蔵」と呼ばれるようになり、 断酒を願う多くの人が祈願に訪れています。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。