四国第十三番霊場 大栗山 大日寺 四国お遍路八十八ヶ所

四国第十三番霊場 大栗山 大日寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

四国第十三番霊場 大栗山 大日寺

四国第十三番霊場 大栗山 大日寺について

住所:徳島県徳島市一宮町西丁263
周辺地図を見る
電話:088-644-0069
アクセス:JR徳島駅下車。神山行きバス25分 一の宮札所下車。徒歩1分
次の札所まで:徒歩50分 車10分 距離約3.3km
宿坊:有

弘仁6年(815年)に、弘法大師が巡錫し、大師ヶ森に堂を結び護摩修法を行いました。その時、大日如来が現れ「この地は霊地なれば一宇を建立すべし」と告げました。そこで大師は、大日如来を刻み本尊として、堂宇を建立しその像を安置し、大栗山、大日寺と号し、第十三番札所として定められました。
その後、天正年間(1573年~1592年)に兵火に遭って焼失しましたが、後に再建され、阿波の国に一宮が建てられたとき、その別当寺となり一宮神社を管理しました。明治元年の神仏分離により一宮の本地仏、十一面観音菩薩を大日寺へ移して本尊として安置しました。大日如来は脇仏となっています。昔は一宮神社の方をお参りし、現在の大日寺は納経所でした。門前に一宮神社があります。

大師堂のそばに、合掌をしている「しあわせ観音」があり、合掌しているその両手の中には、小さな観音像が入っている。名前の通り幸せを祈願するとご利益があるといわれていて、多くの参拝者訪れている。また、しあわせ観音の裏側には小さな池があって竜王像を囲むように七福神像が建っています。境内には水子地蔵、子安地蔵尊も祀られています。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。