別格十六番札所 巨鼇山 萩原寺 四国お遍路八十八ヶ所

別格十六番札所 巨鼇山 萩原寺のカテゴリーです。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。

別格十六番札所 巨鼇山 萩原寺

巨鼇山(きょごうざん)萩原寺(はぎわらじ)は
香川県三豊郡大野原町萩原にある真言宗大覚寺派の寺院。

四国別格二十霊場第十六番札所

平安初期、平城天皇(在位806~809)の大同2年(807)に、弘法大師が千手観音菩薩と地蔵菩薩を刻み、千手観音菩薩を第六十六番雲辺寺に安置し、地蔵菩薩を萩原寺に安置しました。

不動明王は大師ご自身で霊験あらたかです。

朱雀天皇(在位930~946)の勅願寺となっています。
後に細川勝元公の祈願所にもなっています。

室町期の応永年間(1394~1428)には真恵僧正が中興し、阿波、伊予、讃岐に多くの末寺を持つ大寺でした。

仁王門は室町時代の管領、細川勝元公が戦勝祈願の温座護摩の祈祷を寺に命じ、その見返りとして奉納したものと伝えられております。
屋根は本瓦葺きで、門としては珍しい寄棟造りで三間一戸八脚門となっています。

本堂は18世紀末の建造であり、客殿は菊の家紋をつけ屋根は茅葺きとなっています。

寺宝も急就章、法華曼陀羅図、銅水瓶、金銅塔鈴、金銅割五鈷杵など多数保存されています。

また、「萩寺」として有名で、数百株の萩は県の自然記念物となっております。
見頃は初秋です。

本尊
伽羅陀山火伏地蔵菩薩

開基
弘法大師

宿坊:なし
TEL:0875-54-2066

スポンサーサイト
スポンサードリンク

四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
  ↓  ↓  ↓     ↓  ↓  ↓  
「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。  「四国お遍路八十八ヶ所」応援の為によろしかったらクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。